組織に所属か?それとも起業か?あなたはどちらだろうか。

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営兼トレーナーとして活動しています。

他資格、メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)を取得しました。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回も気ままに書いていこうと思います。

 

事業を立ち上げれば王様のような振る舞いができると思ったら大間違い

 

僕は運よく20代で起業できた。

コロナ真っ只中の立ち上げではあったが、おかげ様で2年目を向かえることができている。

小さな規模なので、カッコつけていうほどでもないが。

ただ、少額ではあるが毎月利益はでて生活はできているので、悪くはない状況ではある。

コロナ渦の中でも少しづつ、お客さんが少し増えているので、良しとしよう。

それでは、なぜ僕は起業したのか。

一番最初に考えた理由何て大した事ではない。

むしろ、しょうもない理由だ。

数年前に入った会社で奴隷のように扱われ、働く上で誰にも指図されたくないからというだけだった。

いま思うと恥ずかしい。

もし、現在、そんな理由で事業を立ち上げていたら秒で社会からさようならだろう。

事業を立ち上げれば王様のような振る舞いができると思ったら大間違いである。

誰からも文句を言われない、誰にも頭を下げない、そんなことはない。

恐らく、上司に頭を下げるのが嫌で起業を考えるのだろう。

当時の僕はそうだったのかもしれない。

しかし、事業を立ち上げればお客さんにサービス、商品を買ってもらえるように頭を下げたり、ビジネスパートナーに頭を下げてお願いをしたりする。

それに加え、自分自身でも必要な情報や知識を取りいれ作業を行う。

つまり、誰に頭を下げたり、お願いをしたりするのが自分に合っているかいうことである。

どちらが良いかというのは人それぞれだ。

正解、不正解はないということである。

上司に頭を下げるよりも、事業の仕組みを作って、実際にそれを使ってくれたり、買ってくれたりする人に直接頭を下げる事が気持ち的に楽なのであれば、そうすれば良い。

この場合、やることは沢山あるにも関わらず、安定的な収入は約束されていないという事を頭に入れておく必要がある

安定的な収入を得ることが優先であるのなら、その方が絶対に良い。

家族がいたり、安定的に休みがあったり、友達と飲みにいったり、趣味に時間をつかったりすることが優先ならなおさらだ。

事業を立ち上げて、安定した収入を得るにはハードルが高くそしてやる事が多い。

僕が今の事業を始めたのは事業の仕組みが完成した事、そして、それが目の前にいるお客さんにとって良いことである事、さらに、自分が求めている人生に近づける事が最大の理由である。

会社のような組織に所属するのか、事業を立ち上げて自分で運営するのかは自分がどのような人生を歩んで行きたいかで決めた方が良い。

といったところで今日はこの辺に。

 

終わりに

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

社長になりたいから起業をしたいという理由で行うのは気を付けた方がよいかもしれません。

もちろん、それでうまくいく人はいると思います。

しかし、それはうまくいったから表に出てきているだけで、失敗している人は山ほどいるはずです。

そして、もっと大変なのは立ち上げてから事業を継続させるという事です。

常に不安を抱えているメンタルも必要になります。

同じ業種で立ち上げてみたいという方はお気軽にお問い合わせください。

当店はパーソナルストレッチが専門なので、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

執筆者:tama0203