東京オリンピック開会式ピクトグラムで33競技以外の紹介された17種目とは?

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営兼トレーナーとして活動しています。

他資格、メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)を取得しました。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回も気ままに書いていこうと思います。

 

残りの17種目は何が追加されていた

 

オリンピック種目紹介のピクトグラムが結構面白かった。

そこでは50種目が紹介されていた。

ただ、大きな枠で分けるとオリンピックは33競技、339種目になる。

それでは、33競技以外で紹介されていた17種目は何だったのか。

まずは下記が33競技になる。

水泳、アーチェリー、陸上、バドミントン、野球・ソフトボール、バスケットボール、ボクシング、カヌー、自転車、馬術、フェンシング、サッカー、ゴルフ、体操、ハンドボール、ホッケー、柔道、空手、近代五種、ボート、ラグビー、セーリング、射撃、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、卓球、テコンドー、テニス、トライアスロン、バレーボール、ウエイトリフティング、レスリング

NHKの公式YouTube動画を見ながら紹介された順番に見返してみる。(動画→NHK】開会式 ピクトグラム50個パフォーマンス! | 東京オリンピック)

分かりやすいように33競技以外の種目は色を変えておく。(最初に紹介された競技をメインとカウント)

まずは近代五種から始まった。

そして、陸上、ハンドボール、ソフトボール、ラグビー、サッカー、バレーボール、ビーチバレー

はい、まずは33競技以外の1種目目ビーチバレーが入った。

続きをみてみる。

9種目はウエイトリフティング、バトミントンはちょっとミスってましたが生パフォーマンスなのでこれもリアルで良い。

どんどんいってみよう。

テニス、スポーツクライミング、トランポリン飛び込み、体操、水泳、マラソンスイミング

ここまで、トランポリン、飛び込み、マラソンスイミングがでてきた。

トランポリンは体操に入って、飛び込みとマラソンスイミングは水泳に入る。

続き。

テコンドー、新体操、フェンシング、ホッケー、バスケットボール、バスケットボール3×3、スケートボード、サーフィン。

新体操は体操競技でバスケットボール3×3はバスケットボール競技。

ここで25種目の紹介が終了。

後半戦、26種目目はセーリング。

まさかのTシャツのロゴという小ボケ。

27種目目は馬場馬術、28障害馬術、29総合馬術

ここでは、馬術競技3種目を個別に紹介されていた。

30種目目はカヌースラローム、カヌースプリント、ボートと続く。

カヌーはスラロームとスプリントでわけて紹介。

33種目は水球、34野球、35射撃、36ゴルフ、37卓球、38ボクシング、39アーチェリー、40シンクロナイズドスイミング

野球はソフトボールとまとめてあるのでプラス一種目でカウント。

シンクロナイズドスイミングは水泳競技になる。

41種目目は空手の組手、42種目目は空手の型が紹介。

日本の種目という事で分けて紹介されたのだろう。

43種目目柔道、44レスリング、45自転車ロード、46自転車トラック、47自転車マウンテンバイク、48BMXレース、49BMXフリースタイスと続いた。

自転車競技で5種目分とは、ここで一気に数をかせいだ。

そして最後50種目目トライアスロンで紹介は終了した。

こうしてみると、1競技で全然違う種目があるという事もわかる。

まだまだ、オリンピックは続くのでいろんな競技、種目を見ていきたい。

 

終わりに

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

オリンピックは普段見ることのないスポーツを知る良い機会です。

運動不足の方もオリンピックをきっかけに運動を始めて健康面も意識してはいかがでしょうか?

当店はパーソナルストレッチが専門なので、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

執筆者:tama0203