無料性格診断テスト | 16Personalitiesをやってみたら、中々当たっていたのでオススメ。

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営兼トレーナーとして活動しています。

他資格、メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)を取得しました。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回も気ままに書いていこうと思います。

 

16種類から選ばれたのは…

 

こんなものを進められたのでやってみた。

それは『無料性格診断テスト | 16Personalities』というもの。

簡単な質問に対して、【同意する~同意しない】の7段階でチェックを入れ答えてそれを基に16種類のの中からタイプが選ばれる。

無料で出来るということだったので早速チャレンジしてみた。

全ての質問を12分以内で答えるらしい。

直感で答えていくという意味もあるのだろう

質問内容はそれなりにあったが文章での打ち込みではなく選択だったので、そんなに苦ではなかった。

結果はこちら。

書くと面倒なので、スクリーンショットした画像を張り付けることする。

それなりに当たっているので中々面白かった。

知り合いの人にみてもらっても笑われて納得されたので確かなのかもしれない。

書かれていたことを見比べてみて自分と照らし合わせてみる。

全人口のわずか3%を占めていますが、「平凡である」ことが何よりも惨めだと思う論理学者型

→さすがに平凡であることが惨めだとは思わないが、平凡じゃないことをやりたいという欲求は強いと思う。

持ち前の発明力や創造力、独特の視点や力強い知性を誇りにしています。

→確かにそうかもしれない。ただちょっと自信過剰なところもある気がする。

あらゆる性格タイプの中で、最も綿密な論理思考の持ち主

→何かをやる際に綿密に計画を練るが、それは慎重すぎるがゆえの行動だと思う。

パターンを好み、発言の矛盾点を指摘することにかけては、ほぼ趣味と言ってもいいほどなので、論理学者型の人に嘘はつかない方が良いでしょう。

→今までのパターンから人の動きを予測するのは趣味といってもいいかもしれな。発言の矛盾点に気づくことは多々あるが指摘したところで、嘘をつく人とは深く関わる事はないので余計なエネルギーは使わない。過去の発言なども覚えていることが多く嘘は大体わかるので確かに嘘はつかない方が良いと思う。

論理学者型の人達の言うことは常に鵜呑みにはできません。これは、論理学者型の人達が嘘つきだというわけではなく、完全には確立されていない考えを共有する傾向があるためです。

→完全に確立されていない考えをあたかもできるかのように発信する傾向はある。

絶えず考えながら、頭の中で本格的な議論を展開していることもよくあるため、物思いにふけり、孤立しているように見えることもありますが、

→まさにその通り。

顔見知りの人や同じ関心を持つ人々と一緒にいる時は、心底リラックスし、フレンドリーになります。

→こちらもその通り

自分の最新のアイデアの土台となる論理的な結論同士のつながりを説明しようとして、とりわけ興奮すると、会話の内容がほとんど支離滅裂になることもあります。

→興奮して取り乱すことはあまりない。

この場合、わかりやすい言葉で説明しようとするよりも、話の主旨が理解されないまま、あっさり話題を変えることが多いのです。

→職業柄なるべくわかりやすい説明を心掛けている。話題は相手の様子を伺いながら変えるので少し異なる。

主機能のひとつに論理型特質を持ち、感情的な訴えは一切理解できない傾向があるため、論理学者型の人達に対しては、最低限の情緒的サポートも望めません。

→理論的なものと感情的なもので人は動くので感情的な訴えが理解できないということはない。情緒的サポートはそれなりにすると思う。

論理学者型の人達にとって大きな壁となっているのは、絶えず付きまとう失敗に対する恐怖心です。

→毎日不安なので、その通り。

自分の思考や理論に決定的な欠落がないかを心配して見直すあまりに、立ち往生し、自分の考えが正確に当てはまることは決してないのだという、実体のない世界の中に迷い込んでしまいます。

→創造的な事を思考することは好きだがうまくいかないという前提から入る傾向あり。あれこれ考えすぎてメンタルやられてしまう。

こんな感じだった。

もちろん、全てがあっているということはなかった。

とはいえ、結構当てはまるので参考になる。

それでは16タイプとは何があるのか

簡単にまとめてみる。

まずは4タイプに分かれる。

分析家外交官番人探検家

そこからさらに4つに分かれる。

分析家

建築家、論理学者、指揮官、討論者

外交官

提唱者、仲介者、主人公、広報運動家

番人

管理者、擁護者、幹部、領事官

探検家

巨匠、冒険家、起業家、エンターテイナー

説明をみないと分からない部分もあるので気になる方はこちらへ。→性格タイプ

 

終わりに

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

自分の性格を客観的に見るのは難しいです。

なので、完全に鵜呑みにするのは良くないですが、こういったものを参考に自分を知るという事も良いかもしれません。

当店はパーソナルストレッチが専門なので、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

執筆者:tama0203