何で走るの?「M体質なの?」的な発言をよくされる件について

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営しています。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回はランニングをしていると言うと何で走るの?「M体質なの?」的な発言をよくされる件に関してです。

ためにならない話ですが、良ければ、さらっとご覧くださいm(__)m

 

僕はなぜ走るのか?

 

何で走るの?Mなの?

いやーこれはマジでよく言われますね。

何でこれが言われるようになったんでしょうか?

多分、テレビで誰かが言ってたところから始まったような気がしますね…

結論から言うと、僕は違います。

これは走るということに関してであって、別のジャンルではM気質なところはあるかもしれません。

ただ、SなのかMなのかを話題で取り上げる時に、どちらか一方で答えるような雰囲気を出されるので面白くありません。

これは壮大なテーマであり、ジャンルによって、どちらなのか変わりますし、100対0、0対100ではないので、簡単に答えられることではないと思います。(そんな重く話題を出す人はいないと思いますが…)

しかも、このSM問題を一番乗りで取り上げた人は「S気質だからこういう話題取り上げているんだよ」みたいなマウントを取っているような感じがして、冷めます。

最近こういう話題を聞かなくなってきたのは周りの環境が変わっいるからなのでしょう。

話が逸れたので戻します。

そもそも、ランニングはキツイから好きみたいな事を言っている人を聞いた事はありません。

もし、「俺はキツイ事をするのが好きだし、苦しいのも好きだからランニングしてるんだよね」と言っている人がいたとしたら…

もう、その人はランニング関係なくマゾヒズムだと思うので…

あえて省略せずに記載してみました。

そもそもマゾヒズムって誰かに何かをされて性的興奮をえるような意味なので、誰にも誘導されることなく行っているランニングでM気質という話題が出てくるのがおかしなことです。

まあ、もしかしたら、ランニングをしてキツイ思いをしたら、こんなことをしてあげるよ、ウフフフ的なことを言われている人はいるかもしれませんが…

またまた逸れてしまいました

戻します。

ランニングは追いこめばもちろんキツイです。

ですが、僕自身キツイのが好きというわけではありません。

僕もランニング歴15年以上ですが、苦しいのは嫌いですし、なるべく楽をしたいと思っています。

なまけものなので…

それでは、なぜ僕はランニングをしているのか?

つまらない理由ですよ。

単純に運動したほうが精神衛生上良いという経験があるからです。

別にランニングでなくても良いと思います。

ただ、僕は単に昔から陸上部だったから運動着も揃っているし、消耗品の靴も最近は良いものが6000円くらいで1年間くらい使えるので、気軽に運動ができます。

そんな理由です。

カッコいい理由何てありません。

どんな事も大体あとづけで理由をつける事が多いです。

上手く言っている事、継続している事、成功した事など大抵がそうです。

もし、継続できなかったこと、失敗したこと、上手くいってないこと、そんな事に対して理由をつけるでしょうか?

もっと、理由をシンプルにいうと、たまたまです。

たまたま、上手くいっただけ、

たまたま、継続しているだけ、

たまたま、成功しただけ、

ただ、たまたまじゃ面白くないから理由を付けるだけです。

もちろん、僕も会話の中で「何で走っているの?」と言われたら、それなりにカッコつけた内容を話すと思います。

やっぱりモテたいですからね。

とはいえ、実際は対した理由なんてありません。

という事で、この辺で締めくくりたいと思います。

 

終わりに

 

個人的な話になってしまいました。

本業のパーソナルストレッチでも雑談が多いので、人間的なお話しをさせて頂くこともあります。

今回のテーマは話したことはないと思いますが…

という事で書きたいことも書いていこうと思います。

もちろん、本業のパーソナルストレッチも継続して起こますよ!

もし、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

執筆者:tama0203