在宅ワークが続いている方へ!運動不足ではないでしょうか?座っているだけで死亡リスクが増加?!

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営兼トレーナーとして活動しています。

他資格、メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)を取得しました。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回も気ままに書いていこうと思います。

 

最近運動不足ではないでしょうか?

 

この1年半で在宅ワークが増え、月曜日から金曜日まで家に閉じこもっているという人もいるでしょう。

そのため、体重が増加しコロナ太りになってしまった人もいるかもしれません。

体重の増加や運動不足で病気のリスクが高くなるということはあらゆるところで言われています。

そこで今回は、運動しないと不健康になってしまう理由やその対策をまとめてみました。

 

座ってる時間が増えると死亡リスクが高くなる?!

 

この1年半、コロナの影響で在宅ワークが増えている方も多いはすです。

それでは、どれぐらい在宅ワークを続けているでしょうか。

在宅ワークを続けていていると、「座りっぱなしで運動不足になってしまった」、「家にいると間食ばかりしてしまって太った」こんなふうに思ったことはありませんか。

実際にこのように言う方を多くみます。

在宅ワークで運動不足になると、筋肉が落ちてしまうだけではなく、健康面でもよくありません。

まず、筋肉が多ければ、基礎代謝量が上がり、横になっているだけでもエネルギーを消費していきます。

ですが、体を動かさなくなると筋肉はどんどん減っていってしまうのです。

しかも、筋肉が増えるのは時間がかかりますが、減るのはあっという間です。

そして、基礎代謝量が下がれば太りやすくなってしまいますし、動かないことで足腰が弱くもなり疲れやすくもなります。

このように体を動かない生活を続けていれば、食べすぎによって病気のリスクも高めてしまうでしょう。

食事には気をつけているから問題ないと思っている人は要注意です。

人は座っている時間が長くなるほど健康被害が大きくなることを知っているでしょうか。

京都府立医科大学の研究チームによる研究発表によると「日中の座っている時間が2時間増えるごとに、死亡率が15%増加する」という結果がでました。

座る時間が長くなると血流が悪くなり基礎代謝が下がるので、高血圧、糖尿病による死亡リスク高まります。

それでは「座っている時間が長くなるのがよくないなら立ったままならいいのか」と思う人もいるでしょう。

立ったままならいいということはありません。

同じ姿勢で長時間過ごすことはよくないので、在宅ワークでは体を動かすようにすることが大切なのです。

体を動かさず運動不足だと不健康になってしまうのでよくありません。

なので、ぜひ運動をしましょう!

 

運動不足解消でリフレッシュ

 

運動は体力低下を防ぐだけではなく、幸せホルモンと言われ神経伝達物質でもある、セロトニンを増やす効果があります。

このセロトニンが活性化するとリフレッシュでき前向きな気持ちにもなれます。

逆に運動不足で血流が悪くなると疲れやすくなるだけではなく、気分が落ち込みがちになり寝つきが悪くなることもあるのです。

在宅ワークが続き「なんだか疲れやすくなった」、「気持ちがスッキリしない」と感じる人も少なくないと思います。

こういったことを解消するためにも、運動することが大切です。

とはいっても何をやれば良いのか分からないと思います。

僕はランニングをやっているので、「ランニングがいいのですか?」といわれることがありますが、運動は自分が続けられるものが良いです。

例えば、ウォーキング、ランニング、水泳、テニス、バトミントンなどがあります。

それでは、どれくらいやればいいのか。

WHO(世界保健機関)では1週間で150分以上を中程度の運動としています。

つまり、1日1時間の運動であれば2.5日ということです。

1週間は168時間なので、そのうちの2.5時間だけ運動をすれば良いということにもなります。

とはいっても、運動不足の人にとっては少しハードルが高いかもしれません。

さらに、外に出るのが難しいという人もいると思います。

そんな人は、まずお家で出来るストレッチや軽い運動から始めてみましょう。

 

在宅ワークで運動不足の方はストレッチや軽い運動から!

 

運動したいけど外に出るのが難しいという人でも、ストレッチなら家でできる運動ですし、気軽にできますよね。

ストレッチをすれば、血流が良くなり体が温かくなっていきます。

肩や腰回りのストレッチをすれば肩こり解消にもなりますし、わき腹やお尻の筋肉を意識して動かせば骨盤の歪みを改善することもできます。

ダンベルを使った軽い運動でも良いです。

ダンベルを持っていない人は、ペットボトルに水を入れてダンベル代わりにしましょう。

ダンベルを持って腕を持ち上げたり振ったりするだけでも違います。

持ったままスクワット運動を行えば足腰も鍛えられるのでオススメです。

ペットボトルの大きさや水の量を変えれば、自分の好きなように運動負荷を調整できます。

在宅ワークでは、数十分に一度は立ちあがったり簡単なストレッチで体を動かすようにしましょう。

ストレッチや軽い運動でリフレッシュすれば在宅ワークがはかどるはずです。

 

終わりに

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

今回は在宅ワークの運動不足で起こるリスクやその対策についてまとめてみました。

在宅ワークで運動不足になると、健康面でも精神面でもあまり良いとは言えません。

家でストレッチするだけでも運動不足を解消できます。

ストレッチなら気軽にできますし、続けやすいのではないでしょうか。

体を動かす習慣をつけて、在宅ワークでも健康的な体を目指しましょう。

当店はパーソナルストレッチが専門なので、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

関連記事

  1. ストレッチはダイエットにも効果的!3つの理由とタイミング

  2. ランニングシューズと言えばナイキ(NIKE)になりましたね。…

  3. お客さんとのコミュニケーションが円滑に!読書が習慣化した第一…

  4. 前頭葉を鍛えて老化を防ぐ3つのポイント

  5. 今話題のパーソナルストレッチとは?マッサージとはどう違うのか…

  6. 多摩センターにパーソナルストレッチサロンをオープンした202…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。