睡眠時間は平均7時間15分くらい。~心身ともに健康を維持~

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営兼トレーナーとして活動しています。

他資格、メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、野菜ソムリエ(旧ジュニア野菜ソムリエ)を取得しました。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回も気ままに書いていこうと思います。

 

この睡眠時間を言うと「ちゃんと寝てる!」と言われる。

 

お店で店舗運営をしながら、ブログを書いたり、本を読んだり、読書会を運営したり、ランニングをしたり、いろいろ行っているいと、いつ寝ているのか、と聞かれることが多い。

そんな時は「それなりに寝てます!」と答える。

週5回はで7時間半~8時間くらい、週2回で6時間半~7時間くらいだろうか。

会社に務めている方や主婦の方と比べると結構寝ている方だと思う。

この睡眠時間を言うと「ちゃんと寝てる!」と言われる。

しかも、午後には18分~23分ほどの昼寝もする始末。

傍からみたら怠けているようにも見えるかもしれない。

睡眠時間の影響は人それぞれだと思うが、僕は睡眠時間を削ってしまうと、すぐ体調を崩したり、物事を考えるパフォーマンスが下がってしまう。

稀に4時間、5時間睡眠は大丈夫だが、3日続けての短時間は無理だ。

2日連続ですらしたくない。

もちろん、短時間睡眠しかできない時期もあったが、当時を振り返ると身体の調子は常に悪かった気がする。

なので、ここ数年、睡眠は第一優先といってもいいくらい、ちゃんと取る。

このおかげなのか、ストレスも減ったように感じ、あらゆるパフォーマンスは寝不足の時と比べると圧倒的に違う。

とはいえ、会社や組織に所属している人に生活スタイルをきくと7時間以上睡眠をとるのは難しそうだ。

それであれば、睡眠の質をよくするしかない。

最近では睡眠系の本が多くでている。

例えば西野清治さんの『スタンフォード式最高の睡眠』などがある。

日本人の睡眠時間は圧倒的に少ないという事実から、睡眠時間がもたらす身体への負担、短い時間しか寝れないならこうやって質を高めよう。

と分かりやすく記している。

もちろん、本を読んで寝不足になるのは良くないので、休日に少し時間をとって睡眠の重要性を知るという事も良いのではないか。

それでは、昼寝しますので、おやすみなさい。

 

終わりに

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

健康でなければ、仕事のパフォーマンスはもちろん、プライベートも充実しません。

そこで、重要なのが睡眠です。

心身の異常があるときはしっかり寝ましょう。

当店はパーソナルストレッチが専門なので、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

関連記事

  1. 朝の運動がダイエットに効果的な3つの理由と注意点!

  2. 慢性的な疲労や不調は慢性上咽頭炎が原因?

  3. 今年は梅雨入りが早いらしいので気象病に悩まされそうだ…

  4. 読書の「ど」の字も頭をよぎらない社会人1年目

  5. 在宅ワークが続いている方へ!運動不足ではないでしょうか?座っ…

  6. お肌のトラブルは皮膚科へレッツゴー!セフポドキシムプロキセチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。