朝の運動がダイエットに効果的な3つの理由と注意点!

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩センターから徒歩3分の場所でパーソナルストレッチサロンを運営しています。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→【当店のパーソナルストレッチ紹介ページ

今回のテーマは朝の運動とダイエットの関係です。

ダイエットに挑戦しよう!

こんなことを考えた時、「いつ運動すれば効率よく痩せられるだろう」と思ったことはないでしょうか?

結論から言うと効率的にダイエットを行うには朝の時間帯がオススメです。

ということで、朝の運動が効率的という3つの理由と注意点をまとめてみます。

 

朝の運動がダイエットに効果的な3つの理由とは?

 

まず、朝の運動がダイエットに効果的な3つの理由をくわしく説明していきます。

《朝の運動で神経のメカニズムが活発に》

朝の時間帯に運動するなら、朝食前がオススメです。

そもそもどうして朝の時間帯に運動するとダイエット効果があるのか気になりますよね。

その理由は、神経のメカニズムにあります。

人の身体には、交感神経系副交感神経系という2つの自律神経系があります。

交感神経系は日中の身体を動かしている時間帯に活発になり、副交感神経系は就寝中のリラックスしている時間に活発になるのです。

朝は交感神経系副交感神経系が入れ替わる時間帯なので、朝運動することで交感神経が活発になります。

肥満体の人は交感神経の活動量が低いとも言われているので、身体を引き締めるには交感神経を活動させることは非常に重要です。

 

《基礎代謝が上がり集中力アップ》

朝運動して交感神経系が刺激されると、1日のエネルギーを消費する基礎代謝が上がるのでダイエットに効果的です。

さらに、朝の運動によって血行がよくなると、脳がリラックスしている状態から活発な状態になるので、集中力がアップします。

そのため、仕事や家事などで余計なストレスを感じることもなく活動ができるでしょう。

 

《夜ぐっすり眠れるようになる》

朝の時間帯に運動することで、適度に身体が疲れてぐっすり眠れるようになります。

その生活を続けていれば、規則正しい生活を送れるようになり、睡眠の質もよくなるでしょう。

自律神経系の働きを正常に保つためにも睡眠は大切ですし、ダイエット効果も期待できます。

睡眠はストレス、身体、脳など様々な個所に作用するので一番重要かもしれません。

 

朝に運動をする時の注意点

 

朝運動する時には注意点がいくつかあるので気をつけましょう。

《朝の運動は起きてから30分~1時間後》

朝起きてからすぐに運動をしてしまうと、身体に大きな負担がかかってしまいます。

朝起きてすぐの状態は、交感神経系の働きが活発ではなく、体が覚醒していないので、運動するのは早くても起きてから30分~1時間後にしましょう。

ストレッチなどのウォーミングアップで身体をしっかりほぐしておくことがオススメです。

 

《激しい運動はしない》

朝に激しい運動をしてしまうと疲れすぎてしまい、午後から活動できなくなるかもしれないので気をつけましょう。

また、朝から激しい運動をしてしまうと急激に体温が下がり、眠気が襲ってくることもあります。

仕事や家事などに集中できなくなるとよくないので、朝の運動は無理せず30分ぐらいがいいかもしれません。

 

《水分はしっかり補給する》

睡眠中は汗や呼吸などで水分を失ってしまいます。

その状態で運動してしまうと脱水症状を起こすことがあるので注意が必要です。

朝運動をする前や起床後は必ず水分を補給しましょう。

運動中も水分が取れるように、小さいペットボトルに水かスポーツドリンクを入れて持ち運ぶか、水分補給ができるような公園の近くで運動をすることをオススメします。

終わった後もしっかり水分補給をすることが大切です。

 

《朝の運動前には軽く糖分を》

朝空腹の状態で運動すると、血糖値が低くなり体調不良になることがあります。

なので、軽く糖分をとるようにしましょう。

早いうちに糖分が身体へ吸収された方が良いので、100%オレンジジュースなどが良いです。

もっと簡単にとりたい方はブドウ糖のタブレットなどを常備していると良いかもしれません。

 

まずはウォーキングから始めましょう。

 

朝から運動をするのは身体が慣れていないと午後の時間帯に疲れて動けないという事があります。

さらに普段運動をしていない人がいきなり運動を行うと膝や腰を痛めてしまうかもしれません。

なので、まずはウォーキングから始めてみましょう。

朝から身体を動かすということに慣れる事が大切です。

それでは、ただ歩けば良いのか?

朝にウォーキングするときは正しいフォームを守りましょう。

歩くときは耳、肩、骨盤の位置が一直線になるような姿勢を意識します。

ウォーキングコースに自分の歩く姿が見える場所をみつけておくと良いかもしれません。

腕はいつもより少し大きく振りましょう。

足は踵から着地してつま先へと重心を移動させていきます。

つま先で地面を蹴るように歩くのがポイントです。

ウォーキングの速さは、1キロ10分くらいのペースで3キロくらいから始めましょう。

1キロはゆっくり歩くと15分くらいかかるので少し早いくらいですね。

とはいえ、あくまでも目安なので、自分に合ったペースで続けることが大切です。

ウォーキングで汗をかいたら軽くシャワーを浴びて下さい。

運動して汗を洗い流すことで、気持ちのいい朝を迎えられます。

まずは早起きをして身体を動かすという気持ち程度で始めていきましょう。

 

終わりに

 

今回は朝の運動がダイエットに効果的な3つの理由と注意点についてまとめてみました。

朝運動することで効率よくダイエットができるだけではなく、いろいろなメリットがあります。

規則正しい生活が送れるようになり、朝から気持よく過ごせます。

朝の運動は、ウォーキングや軽いジョギングなどがオススメですが、少しハードルが高いなと思った人は、朝のストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

もし、ストレッチのやり方がわからないという人や1人でストレッチするのが不安という方は、当店のパーソナルストレッチ専門店Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)お気軽にお問い合わせ下さい!

さらにストレッチで柔軟性をつけて身体の不調を改善したいという方は当店の紹介ページが下記にありますので、良ければご覧ください。

パーソナルストレッチとは何か?

↓ ↓ ↓

画像をタップ

関連記事

  1. よし明日は「久々に口内炎さんができてしまった…」というタイト…

  2. 著者累計12万部!心理カウンセラー弥永英晃さんから新刊を頂き…

  3. 前頭葉を鍛えて老化を防ぐ3つのポイント

  4. 睡眠時間は平均7時間15分くらい。~心身ともに健康を維持~

  5. ストレッチはダイエットにも効果的!3つの理由とタイミング

  6. スマホのやりすぎで猫背に?改善にはストレッチが効果的!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。