前頭葉を鍛えて老化を防ぐ3つのポイント

はじめに

 

こんにちわ!

Body Make Salon LUXE(ボディメイクサロンラグゼ)の高橋です。

多摩市でパーソナルストレッチを軸にしたお店をひらいています。

良ければ、紹介ページもご覧頂ければ嬉しいです。→(Body Make Salon LUXEとは)

今回のテーマは『脳の老化と前頭葉』です。

 

同じ年齢でも見た目が40歳の差?!

 

皆さんは脳の老化と聞くと何をイメージされるでしょうか?

恐らく、記憶力の低下という言葉が頭をよぎるかもしれません。

少しだけ記憶に関する事を説明させて下さい。

記憶というものをつかさどっているのは海馬という場所です。

簡単に言いますと、この海馬が小さくなってくると記憶力が低下してくるという事になります。

ふむふむ…

という事は記憶力を低下させず、老化を防ぐためには海馬が重要ということか…

少しお待ち下さい!

確かに海馬は重要ですが、海馬より先に小さくなってくる脳の部分があります。

それが前頭葉です!

前頭葉??

はい!

前頭葉が小さくなってきて、それから海馬が小さくなってくるのです。

つまり、前頭葉が小さくなる事を防げれば記憶をつかさどる海馬も小さくなりにくいという事になります。

そして、前頭葉を鍛えれば見た目の若さも保たれるという事も分かってきました。

例えば50代の人でも30代に見える人がいます。

一方、同じ50代でも70代に見える人がいるはずです。

これは前頭葉の老化が原因の一つとも言われています。

同じ年齢でも見た目年齢が40歳の差がでるというのは驚きですね…

それでは、前頭葉はどんな働きをするのか?

それは、自発性、意欲、切り替え、創造性、感情のコントロールなどです

ん??

どういうことかというと「やってやるぞ!」「行ってみよう!」という意欲を持ち、自発的に行動という事ですね!

例えば本を読んでいて「ここ行ってみよう!」と思って実際に足を運んだり、テレビでスポーツ観戦をして「やってみよう!」と必要な道具を買いにいったりなどです。

意欲を持つだけではなく、実際に行動するという事も重要になります。

 

前頭葉を鍛える3つのポイントとは?

 

今回は和田秀樹さん著書『人は「感情」から老化する』を参考に前頭葉を鍛えるポイントを3つご紹介します。

最初に箇条書きでお伝えすると

1点目 得た情報を発信する習慣をつける

2点目 定期的に身体を動かしてみる

3点目 外にでる習慣をつける

それでは下記で1点目から順にご紹介していきます!

 

得た情報を発信する習慣をつける

 

情報社会になっている現代では、本を読んだり、テレビを観たり、YouTubeを観たり、Googleで検索したりとあらゆるところから新しい情報が入ってきます。

創造性などが前頭葉の作用であれば、新しい情報収集も前頭葉を鍛えられるのではないか?

答えはNOです。

情報を得るだけでは前頭葉は鍛えられません。

情報を得て自分で考えて、発信、もしくは行動するという事が大切です。

本書では『読書でもテレビでも、鵜呑みにせずイチャモンをつける習慣をつける習慣を持つ(p157)』と記していました。

そして、そこでは、根拠などを気にしなくても良いと言っています。

そうする事で脳に刺激がいき、結果として記憶の定着にもなるのです。

つまり、何かの情報を得た時に自分の意見を述べる事が重要だとわかります。

例えば、〇〇という事件があってテレビでコメンテーターが〇〇という意見を述べたとします。

その際にコメンテーターの発言を聞いて相槌をうつだけではなく、プラスαの意見を述べてみたり、自分の意見を述べてみたりします。

この時にSNSなどで直接的な攻撃はせずに、あくまでも、その場だけで発信をしましょう。

そして、出来れば、ポジティブな意見に変える訓練をして、日常でも物事を前向きに変えられるようにすると良いかもしれません。

もちろん、得た情報をそのまま、誰かに話すという事も記憶の定着から前頭葉の老化を防ぐことに繋がります。

ぜひ、お試し下さい!

 

定期的に身体を動かしてみる

 

身体に刺激を入れるという事も重要です。

感情の老化を引き起こす原因として「前頭葉の老化」「動脈硬化」「セロトニンの減少」があると記してありました。(p41)

動脈硬化は食べすぎや運動不足で起こりやすく、幸せホルモンというセロトニンは運動で増えるとも言われています。

つまり、運動をすることで、前頭葉の老化を防げるという事です。

とはいえ、運動の習慣がない人がいきなり、運動を行うのも大変かと思います。

なので、まずはウォーキングやストレッチから始めましょう。

僕のお店ではパーソナルストレッチを専門にサービスを提供していますが、本格的な運動を行う前段階としてストレッチを受けるお客様も多いです。→当店の【サービス内容

実際にストレッチを始めてからランニングを始めた方も多くいます。

今はYouTubeなどでも様々な運動が紹介されているので、自身が楽しんで始められそうな運動を見つけてみましょう!

 

外に出る習慣をつける

 

職場と家の往復しかない。

こんな生活を送っているという人は多いと思います。

これは家にいても全てが完了してしまう現代の環境が原因です。

ただ、前頭葉は刺激がないと活性化する事はありません。

つまり、家にいるだけだと、脳への刺激も少なく、老化が早まってしまう可能性があります。

なので、まずは外へ出る習慣をつけましょう!

本書では「家の中から外へ一歩踏み出す習慣をつけることで、「行動」と「欲望」の好循環、つまり前頭葉が活性化する生活が実現する。」(p56)と記していました。

外に出れば、みたことのない景色、新しいお店、季節によって変わる花など五感からあらゆる刺激があります。

そういった中から、「あそこのお店に行ってみよう!」や「あれ始めてみよう!」などと意欲が沸くはずです。

それが前頭葉の刺激になり、結果として若さを保つ事になります。

もちろん、何かをやろうと思ってから外に出る事も良いです。

外に出るだけでも刺激になるので、時間があるときは何もなくても一歩踏み出す習慣をつけてみましょう!

 

最後に

 

今回の3つのポイントは本を参考に僕なりの考えを書いてみました。

もっと、詳しく知りたい方は本書をご覧ください。

中盤でも少し記しましたがストレッチを専門としたお店をオープンしています。

もし、ご相談やご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください。→【お問い合わせ・ご予約について

最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

  1. 魔法のストレッチ読んでみました!

  2. ランニングシューズと言えばナイキ(NIKE)になりましたね。…

  3. 著者累計12万部!心理カウンセラー弥永英晃さんから新刊を頂き…

  4. 運動をしないのに太らない人はNEAT(非運動性熱産生)が多い…

  5. 慢性的な疲労や不調は慢性上咽頭炎が原因?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。